FC2ブログ
大好きなスケッチの合間の毎日の幸せ。たくさんの人や 色んな出会い。宝物の記録に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
彼岸行事会
22日は、祖母の菩提寺である 【龍仙寺】 で
お彼岸供養の行事が執り行われました。
何ともありがたいことです。

事前に祖母の菩提寺からお葉書をいただいておりまして、
もちろん両親とともに足を運ばせていただきました。

前日の敬老の日に、お墓をしっかりお掃除して、
お参りもさせていただいていたので、
直接まっすぐにお寺さんにお伺いしてお彼岸供養を。。。

行くとすぐに大好きなご住職さんにお会いすることができて、
お参り前にご挨拶させていただくことができました。
わ~っ、ありがたいぃ~っ。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

そして、始まったお彼岸のご供養。

本日の最初の説法は、若様から。
わかりやすくてとってもありがたいお話でした。

『笑顔が心を明るくする』・・・このような当たり前のことが
日々できている人ことが仏様なのだと。

気づいていてもいなくても、今笑顔で生きること。
笑顔でいること、いつでもいいじゃないですかって。

タイミングを図ることばかり考えて挨拶ができないことより、
遠くからでもいい、自分から声をかけて挨拶すること。

笑顔も挨拶も全て今、そのとき。
そしてそれは、仏心がそうさせる・・・。
とにかく、考えずにすぐにしてみる!実行する!
行うことそのものが、大事なんですよって。

これが、道元禅師による 【修証一等】 という禅の一つ。
一々頭を剃ることが修行なのではないと。
「修行そのものが悟りである」~ ということなのだそうです。

頭で理解する前に、とにかく実行すること。
考えるだけじゃ何もしないことと一緒なのですね。

今、香をくべたから、今焚かさる。
「そうしたほうが良いな」と思った人が
今しないと何もかわらない。・・・そういうことなのです。

今、ゴミが足元に落ちていたら、それをそっと拾う。
仏様の教えは、お経を暗記することではなくて、
当たり前の人になりなさい・・・と。

日常生活の中にこそ、仏様はいらっしゃいました。
家庭で、職場で、笑顔!笑顔!
【行学一如】じゃないですか!(*^m^*) ♪

そして、続いてご本尊さまに進んでのお経とご焼香。
とってもありがたくて、思わず涙が・・・!?(^^;)おいおい!

その後、大施食会(せじきえ)が厳かに行われ、
ご先祖様に、たくさん召し上がっていただく、
真心でご供養です。

最後には、お卒塔婆供養(そとばくよう)もさせていただき、
追善供養の御和讃を合唱して参りました。

ご先祖様、そして祖父母、感謝と供養の気持ちを込めて・・・。

心の垢を落とせば、自ずと美しい心が輝いてきます。
優しさと真心、それこそが供養になるといいな。
おばあちゃん、今日もまた一つ、ありがとう!(*^^*)



スポンサーサイト
別窓 | 家族 | コメント:1 | top↑
敬老の日
去年の敬老の日には、二人の祖母がいました。

でも。。。10月17日に東京の祖母が天国へ。
そして。。。今年の3月1日には、札幌の祖母が天国へ。

二人とも幸せの仏様の道へと旅立って行きました。

そして、とうとう今年の敬老の日は、
もうプレゼントをあげられる祖父も祖母もなく。

そんな敬老の日は、ちょうど秋のお彼岸でもあります。

というわけで、ありがたいことに、
お墓参りをさせていただくことができました。

両親とともに、祖母の入っている西岡霊廟にあるお墓。
そして、祖父やご先祖様の眠る里塚霊園にあるお墓へ。

紫やピンク、白に黄色・・・色とりどりのお花をあげて、
美味しいおはぎやお菓子を備えて。

大好きなおばあちゃんに感謝を込めて。
守ってくれているご先祖さまに感謝を伝えて。
般若心経を何度もあげさせていただくことができました。

祖母のおかげで、ご先祖様のおかげで、
私は今、ここにいることができて、
沢山の教えや愛情をいただくことができています。

いつもほんとうにありがとう。
心から、ありがとう。

大好きだよ。
どうか心安らかに、仏様のお近くで
美しい極楽浄土で幸せになってね。

素敵なお彼岸の日和をありがとうございました。

(東京のおじいちゃん、おばあちゃん、ご先祖様!
 来月行くから待っていてね~!^^)
別窓 | 家族 | コメント:2 | top↑
感謝の日
三十数年前のこの日。

私は、十年十日の暖かい母のぬくもりを一身に受け、
強い気持ちと優しさに包まれて、この世に生を受けました。

母の恩。父の恩。
全てのご先祖様からつなげられた命の光をいただいて、
こうして、今、この世で生きていることが出来ました。

両親と祖母と暮らしてきた日々。
ずっとずっと心配や迷惑ばっかりかけて。

でも、どんなときでも真の愛と真の心で
こんな私を見捨てることなく、育ててくれた両親。

そして、たくさんの友人や皆さんから
お祝いのメッセージやメールをいただきました。

・・・うぅぅ・・・感動。(TT)

こんなに素晴らしいみなさんから
たくさん色々なことを日々教えてもらったり、学んだり。

生きていること、何て幸せなんでしょうか。

本当に本当に感謝してもしてもしつくせない私。
両親に、みなさんに、いっぱいいっぱいありがとうが言いたい。
言っても言っても足りないけれど、
心から感謝しています。

「ありがとうございます。」

今日は誰よりも父と母に感謝したいな。
こうして、守って愛して育てて着てくれたこと、
本当にありがとうございます。

世界中の誰よりも、
宇宙で一番、お父さんとお母さんが大好きだよ。

本当にありがとう。
お父さんとお母さんの娘に生まれてくることが出来てよかった。

どうもありがとう。
そして・・・これからも、感謝の気持ち、忘れないでいたいから、
いっぱいいっぱい・・・よろしくお願いします♪ <(_ _)>

別窓 | 家族 | コメント:0 | top↑
新盆供養と先祖供養
先日、祖母の宗派のお寺さんから
新盆供養と先祖供養の行事が行われるという案内が届き、
お盆期間の日曜日、初めて参加させていただきました。

まずは、午前中に新盆供養。
これは、去年の8月から今年の7月に亡くなった方を
お墓に見立てた六尺の”卒塔婆”に【大施食会~】と書かれたものでご供養しました。

大施食会 には、【施餓鬼=餓鬼に施す】
「欲集りの心 → お供物を沢山召し上がってもらって → ご供養を施す」
という意味があるんだそうです。

そして、その卒塔婆には、ご供養しながらも、
お墓を1つ立てるほどの徳を自分たちに積ませていただく
・・・という意味があったんです。

ご先祖様のためだと思っていたのに、
本当は自分のためになることだったんですねぇ。
ん~、奥が深い上に、ありがたいなぁ~。

初めての供養に際し、たくさんのありがたい説法もありました。
そして、供養にもたくさんの作法がありました。

例えば、1つ1つ。
歩くときも畳の縁を踏まないとか、お焼香のときの決まりなど。
でも、それは1つ1つ日々の作法でもあります。
毎日、当たり前に行っていれば、何も面倒だとは感じないこと。

そうやってたくさんの教えと学びをいただきました。
祖母のおかげです。
亡くなってからまだなお、生きている私たちに伝えてくれているんだなぁ。

暑い中、沢山の着物を重ね、皆さんの前で暑いそぶりを見せずに
お参りするお坊さんの姿もまた、それが僧侶としての修行であり、
「自分を磨く=心を磨く=幸せで生きていく基本」なんだそうな。

【禅の気持ちが → 供養になる → 自分の精進になる】

生きていく私たちも、こういう機会(お盆など)を与えてもらって
日々、心を磨き、命を伝えてくれたご先祖様に
「幸せ心で生きていく」・・・と、
頑張りますという誓いを立てる日を与えてもらうんだそうです。 

忘れたり、くじけそうになったころ、またお盆やお彼岸、
供養の機会、誓いを立てる日が回ってくるんだということで。

う~、幸せ心、ついつい忘れがちですもんね。
頑張らなくちゃ。おばあちゃん、ご先祖さま、ありがとう。

そしてお昼には、お寺さんでみなさんとカレーライスをいただいて、
午後にはご先祖供養のお参りが行われました。
今の私たちに命を伝え、生かしてくれている先祖代々のご供養。

お経やお焼香が終わった最後には、
みんなで追善供養御和讃と同行御和讃を合唱。

生きていくには、どうにもならないことが沢山あって、
日々四苦八苦してしまいます。
でも、毎日を幸せ心で、精一杯生きていく。
自分を見据えながら、自分を磨いて生きていく。

今日もまた、感謝なのですね。
尊い教え、ありがとうございました。



別窓 | 家族 | コメント:1 | top↑
父の日
昨日の日曜日は夏至・・・!?

・・・だけじゃなくて!(* ̄m ̄)

やっぱりメインは一家の大黒柱のお父さん!

そうです、そうです、父の日でした。(^-^ ) ニコッ♪

今年は前日の土曜日まで会議やらなにやら
とても忙しいお仕事だった父も、
この日曜日、父の日はようやくお仕事もお休みで
一緒におでかけしてくることができました。

・・・で、どこへって?(*^m^*)

ふふふ。近場なんですけど、小樽へ。

美術館が目的だったのですが、
色々と足を伸ばして楽しんで来ることができました。

そして、肝心のプレゼントは・・・

その小樽で購入!ヽ(^^)/わーいっ!

  これ → 父の日

小樽にある【田中酒造】さんで、
"お父さんのお酒"が特別に製造されていたんです。

「お父さん、ありがとう」っていうラベルが嬉しくて。
お父さん、大好きだよぉ。

いつもいつもわがままばかりの娘だけれど、
私の気持ち、そのま~んまラベルになってるもの!

心を込めて、美味しいお酒、贈りました。
ちょっぴり味見してみてね。

お父さん、いつも家族のために頑張ってくれてありがとう。
これからも元気いっぱい笑顔いっぱいの
素敵な優しいお父さんでいてね!





別窓 | 家族 | コメント:2 | top↑
| スケッチの合間 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。