大好きなスケッチの合間の毎日の幸せ。たくさんの人や 色んな出会い。宝物の記録に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ムソルグスキーよ永遠なれ
むかぁ~しむかしの幼少時。それはまだ小学校に上がる前だった。
朝になっても忘れられない恐怖でいっぱいの「追われる夢」。
走っても走っても影のような何者かが追ってくる、迫ってくる!ひぇ~っ!ヽ(。><)ノ

起きて夢だったと安心したはずなのに、まだやっぱり夢か現か頭が混乱していた割りに、
はっきり覚えていたのはその夢にかかっていたBGMだった。
子供のくせに夢にBGMとは生意気かもしれないが、かかってたんだからしょうがない。

その曲は、一体どこで聴いて知っていたものなのか、
何故そのときの夢の背景に使われたのかは未だに謎ではあるが、
強烈に印象に残っていたのは事実。
いつまでたってもその曲が頭の中をぐるぐる回り、
あまりにも自分の脳みそと一体化してしまったせいか、
怖くて早く忘れたいはずなのに、
どうしても自分にとって気になる存在的音楽となっていた。

そしてそれから数年。そろそろ脳みその片隅からその曲が消えかけていた頃。
なんとそれがテレビから流れてくるもんだから私はもうびっくり仰天!
テレビの前で立ったまま一瞬固まったのを今でもはっきり覚えている。
やっぱり現実に存在した音楽だったのだ。
もちろん、すかさず曲名をチェックしたのは言うまでもない。

その曲の名は・・・。はげ、はげ、はげ!?・・・そう!管絃楽曲「禿山の一夜」。
作曲者はムソルグスキー。 (※本当の作者はリムスキー=コルサコフ なのですが、ムソルグスキーが改作した後に有名になりました。)

それからの私は小学生の癖にムソルグスキーにもう夢中。いや~んっ!
そう、たのきんトリオやシブガキ隊、チェッカーズとともに・・・。
あらま!年バレバレ!(^m^)

追いかけて始めて知るムソルグスキーにはもっと素敵な曲が沢山あった。
その中でも「展覧会の絵」は、
一度聴いたら誰もが「おぉ~っ!」とうなるであろう有名な一曲であり、
私の中では勝手にマイ・テーマソングになってしまった。
いつでもどこでも♪タンタンタ~ン、タタタ~ン、タタタ~ン、タン、タン、タン、タン♪
と脳みその中をぐるぐるぐるぐる。
その後、中学になってからはCDを購入したり、
ピアノ用の楽譜を買ってみたり・・・。(← 買っただけかい!)

「展覧会の絵」という名のその曲は、
ムソルグスキーが友人の画家ハルトマンの遺作展覧会の印象を描いたピアノ組曲。
聴いたことがある人も多かろう。
知らないぜ!というそこのあなた、ぜひぜひ一度聴いてみる価値は十分。
かなりおすすめなのだ。

その頃はまだ全く絵を描いたことも描く夢すらもさらさらなかった私にとって、
初めて現実味を帯びてきた「展覧会の絵」。
いつか個展を開いたら、BGMにかけてみたいと思ったくらいにしたりして。
・・・というわけで、今もって大切な一曲となったのである。

思えば、潜在意識が「展覧会の絵」に導くために、
「禿山の一夜」で私を追いかけていたに違いない。
必死になって逃げてしまった私は、
永沢まこと先生の絵を愛する情熱と西村淳子先生の音楽のような絵の魅力によって
あれからウン十年たった今、
とうとう絵の世界につかまってしまったのだ。
捕まえてくれた先生にはもちろん最大に感謝である。
逃れる恐怖からも救われたわけだし!?

あぁ、ムソルグスキーよ、あなたは私の永遠の恋人。
そして私の人生の指導者だったのね。(← 大げさだっちゅうに!)

ベートーベンやショパン、バッハにモーツアルト、etc.
色んな作曲家たちに惹かれ、恋して心変わりしてみたりもしたけれど、
今でもやっぱり忘れられない、大好きな彼。
あぁ、愛しのムソルグスキー。
これからも色んな曲に恋するけれど、永遠にあなたを愛し続けるわ。
別窓 | 聴く | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<LANケーブルを作る | スケッチの合間 |
この記事のコメント
山さん、やる~!
すごい、すご~い。
なんか心理学者みたいじゃない!?(*>∀<*)
そういえば、昔は夢占いの本を読んだこともあったなぁ~。
夢ってとっても不思議だよね。
深層心理が現れたり、
寝ている間に魂がメッセージを受け取ってくるっていう話もあるし、
とにかく夢ってユングの本も面白いし、色々な説があるよね。
最近も色んな夢を見るけどもっともっと続きが見たいわ。
2007-07-15 Sun 19:09 | URL | yoshie #R3kllWbg[ 内容変更]
悪夢か吉夢か
こんにちわ!プログ初めて、一年半位ですか~結構たっているんですね。
いろいろな話題やタイトルがあるのですが、「ムソルグスキーよ永遠なれ」(特にエッセイ)山さん的にはコメントを書きたいのであります。
注目すべきところは二点。「何か(悪霊か)に追いかけれる夢」と「BGMが流れている」という点だ。早速、夢占いのサイトをみて見ると「追いかけれる夢」は(何かから)「逃げ切る」と良い夢だそうだ。具体的にいうと「周りから援助や協力を得られる」という意味らしい。
しかし、「何かに捕まった」夢だと悪い夢ということだ。
「BGMが流れている」 それ自体に意味(メッセージ)があるらしい。ありがちだが、ご先祖がでてきて言葉を残すのも似ているということだ。
幼少の頃の記憶なら、なおさら。実際に音楽サイトで試聴してみると「背筋が凍る」とはこのことだ。幼少ならチビッてしまう所だろう。
人生の三分の一は眠りにつくいう事実。良い睡眠は人をより活動的にする。
ヘンデルやモーツアルトの旋律は夢から得たものが多いらしい。
夢をみるならいつまで覚めないもいい夢をみていたいものだ。
2007-07-15 Sun 12:23 | URL | 山さん #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| スケッチの合間 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。