大好きなスケッチの合間の毎日の幸せ。たくさんの人や 色んな出会い。宝物の記録に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
市立小樽美術館
はい、さらに小樽では行ってきました・・・!

 ここ →  【市立小樽美術館】!(*^m^*)

えっ?何でって?

実は今、5月23日~7月20日(月)まで、
【画家たちのパリ】 という展覧会が開催されているからなんです。

 これがポスター → 樽美

でも、驚いたのはその建物。
かなり古くて暗い美術館。
足を踏み入れて・・・微妙に後ずさりしそうになっちゃうほど。(^.^;)

・・・でも、良かったー!

1階は日本人画家たちの作品展。
うぅ~ん・・・暗い建物に、暗い絵がいっぱい。(;・∀・)
何か脱出したいんですけど・・・。

でも、2階に上がって、入った途端目に飛び込んできたのは・・・
ピンクが綺麗な”マリー・ローランサン”!ヽ(^o^)/
やさしい女性にしか出せない魅力的な肌と質感。

あぁ・・・本物の女性の美がここに。
もうびっくりしたと同時にため息もので。
私もこんな風に女性的な絵が描きたいなぁ~。

・・・えっ?無理?(笑)

さらに、右を振り向いて突き当たりに見えたのは・・・
澄んだブルーが鮮やかな・・・シャガール!

キター!(≧∇≦)♪♪♪♪♪
その大きな原画とあふれるばかりの魅力的な浮遊感。
シャガールでなくては、描けない1枚がそこに。

近美所蔵ということにびっくり!
えっ!?あったんだ・・・。

その大きな絵の持つ独自の愛の広がり。。
まるで自分もその中に存在してしまいそうな不思議な世界。

うわ~っ!うわ~っ!とっても素敵で暖かいのです。

さらに、ユトリロ!パスキン!
こんなに地味な展覧会でこんなにすごい作品なんて。
うぉぉぉ~、すいててゆっくり見れるぅ~。(^^;)

せっかくの展覧会。
もっと美術館の雰囲気が明るいといいのになぁ~。
多くの人にお勧めしたい素晴らしい展覧会でありました。

ただ・・・心残りは・・・日本人画家、もうちょっとがんばれ!

小樽に行った際には、ぜひどうぞ。

画家たちのパリは、7月20日までですよー!






別窓 | 観る | コメント:0 | top↑
<<小樽文学館 | スケッチの合間 | 七夕はお習字>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| スケッチの合間 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。