大好きなスケッチの合間の毎日の幸せ。たくさんの人や 色んな出会い。宝物の記録に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ロビーコンサート
先月は、見逃してしまったお昼休みのロビーコンサート。
今月は、しっかり忘れないようにと・・・

しっかりと・・・ ちらし を机の横に置いておきました。

いよいよランチタイム!
急いでお弁当を飲み込んで(!?)ロビーへGo!ヽ(^^)/

エレベーターの扉が開くと・・・
すでに、エルガーの「愛のあいさつ」が~♪

聴こえてきたその音色。
本当に包み込まれるような優しく透き通る愛の調べ。
とても馴染みのある曲だけに、うっとり♪(^-^ )

そして席についてみれば、ピンクのとっても可愛いドレスを着た
とっても素敵な女の子が演奏しているその姿の・・・
これまた美しいこと、可愛いこと!

  ほら →  ロビーコンサート

バイオリンからあふれこぼれる愛の詩に、
彼女の可愛さがより幸せなぬくもりを引き立てているようでした。

もちろん!ピアノの伴奏もその技術とテクニック、
簡単そうに演奏してはいましたが、見せてくれましたよぉ。

残念ながら、やはり今回も電子ピアノのせいもあって
音自体は完全に本来のピアノとはかけ離れたもの。
これが本物のピアノだったらどんなに素敵な演奏だったんでしょう!

それは仕方のないことでした。
というわけで、まずは、全体を通しての選曲。
誰でも聴きやすく、明るくて綺麗な選曲構成で完璧!(*^m^*)

2曲目は、Mozertのヴァイオリン・ソナタ第5番のヘ長調「春」より第1楽章。
さらに続いた3曲目は、ベートーヴェンのメヌエット。
もうおなじみで老若男女、皆さんが聴きやすいであろう完璧さ。

それを奏でるヴァイオリンの音のつぶの細やかさと、
透明感のある響きにこめられた奥には力強さもあって素晴らしい!

弦がこすれるときの音のカスレはちょっともったいなかったけれど・・・。(^^;)
横のおばさんもゆらゆらしてるし♪(* ̄m ̄) ププッ!

そこに続いた、4曲目のユーモレスク!
スタッカートよりもノンレガートを駆使して、
情緒たっぷりに歌い上げていて、大人の魅力がたっぷり。

そして、映画音楽の定番!
F.D.Marchetfiの「ムーン・リバー」に、
ヘンリー・マンシーニの「魅惑のワルツ」。

このワルツの低音の深みのある音は、
まさに魅惑という表現がぴったりな艶やかさが感じられました。

そして、ラストには、葉加瀬太郎さんの「エトピリカ」。
もうすっかり情熱大陸へ惹きこまれちゃったかも。(笑)

彼女は絶対素晴らしい演奏家になりますぞっ。(←太鼓判!)

来月は、カルチャーナイト。
みなさんも文化に触れて、素敵な夜をすごしてくださいね!


別窓 | 音楽会 | コメント:0 | top↑
<<鳥歌い♪ | スケッチの合間 | 本日のお習字>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| スケッチの合間 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。